ダメなホームページ

ダメなホームページ

全てのホームページがこの4点に当てはまらないですが。
効果の無いホームページの主な要因は下記の4点にある事が多いです。

あいまいな計画

ターゲットがあいまい…ホームページを誰に見てもらいたいか?
目的があいまい…何の為のホームページか?(販売、イメージアップ、製品紹介など)

作成時の問題

凝りすぎた作り…グラフィックやサウンドなどを重視した為にダウンロードに時間が掛かり過ぎる!

内容…充実した内容か?せっかくアクセスしたホームページの内容が充実していないと二度とアクセスして来ません!

使い易いか…目的としている情報にたどり着き易いか?

更新…利用者は新しい情報を求めてアクセスして来ます。!

コンタクト…利用者からの質問や問合せの為のメールアドレスや連絡先などを明記してあるか?また、それらに対して迅速な対応をしているか?

広報の問題

ホームページの開設をどの様に広報したか?…インターネット上にはたくさんの情報があります。あなたのホームページはその中に埋もれていませんか!

運営・管理の問題

環境…会社としてホームページを開設する場合、ドメイン名の取得は不可欠です。URLに社名や製品名が入っているだけで、インターネットと製品に対する会社の決意が伝わります。
また、サーバーも質や環境に注意して下さい。
特に、アダルトコンテンツと同居した環境でしたら直ちに移動して下さい。アクセスの環境が非常に悪くせっかく貴社のホームページを目的にアクセスして来ても、アダルトコンテンツの影響でアクセスできずに諦めてしまう事があり、せっかくのビジネスチャンスを潰す事にもつながります。

人材…社内のホームページ管理者の育成が充分でない為に、更新や問い合わせ等に対応出来ていない。